デブとブルベとロングライド

デブが走ったブルベとロングライドの記録

BRM501日本橋1000kmに参加すること

 

BRM501日本橋1000kmにエントリーした。


BRM423近畿600から一週間しか経ってないけど日程の都合がつかなかったので仕方ない。

コースはこんな感じ。


頭おかしい。
なんでこんな距離を自転車で走ろうと思ったのか。
エントリーをクリックした過去の自分の指をへし折りたい。

開き直って距離の事は忘れたとしても、ゴールデンウィークなのに雪が降ったり福島の市街地にクマが出たり、心配事がたっぷりある。とてもつらい。


その上、清水の舞台からベリーロールで飛び降りて買ったお高い耐パンクタイヤが試走の数kmで二度パンクもしたり。
もはや不安しかない。


目標は大幅に下方修正して「生きて帰る」に設定。


とりあえず、やれるだけやってきます。
それでは。


(いってきます)

装備のこと(BRM423近畿600kmの場合)

BRM423近畿600kmの場合

 


気温 10℃〜25℃くらい(最低はもっと低かったかも)
太陽 覚えてない
天気 曇り
風  主に北

 


自転車

  • DAVOS D-604
  • ブレーキ以外105(R7100)
  • TRP SPYRE-C
  • SM-RT30
  • CS-HG700 11S 11-34T
  • ボントレガー Paradigm Comp TLR Disc Road Wheel
  • Fabric Scoop Elite Radius
  • ミシュランのリチオン3 25c
  • Lifeline(wiggleのPB)のチューブ
  • FRライト
     OLIGHT RN1500
     GENTOS RX-086PS
  • RRライト
     OMNI-5
     TL-LD570R
  • サイコン
     etrex 20x
     Bryton Rider750
  • CATEYEのベル
  • ポカリスエット900ml(+ボトルキャップアダプター)
  • パンク修理一式(携帯ポンプ、レバー、タイヤブート、パッチ)
  • 交換用チューブ4本
  • ワイヤー錠
  • おにぎりリフレクター

 


服装

  • OGK KABUTO AERO V-1
  • ワークマンで買ったヘルメットインナー
  • Halo I はちまきタイプ
  • ヘルメットライト
     トライスター
     モンベルのヘッデン
  • JINZ switchのメガネ+サングラス
  • 夏用長袖ジャージ
  • ナイキ コンプレッションインナー
  • サイトウインポートのレーパン
  • ユニクロのスパッツ
  • ペコさん作のコンパクトハーフパンツ
  • 反射ベスト
  • 指ありグローブ
  • モンベル サイクルソックス
  • モンベル バーサライトジャケット)
  • モンベル ストレッチレインパンツ)
  • モンベル 防風ヘルメットインナー)
  • モンベル ULベスト)
  • シマノ パフォーマンスウィンタージャージ (防風機能なし))
  • (カステリ PROサーマルMID ベスト)
  • モンベル トレッキングソックス)
  • シマノ 防風グローブ)

 

 

収納

  • トピークのサドルバッグ15L
  • TIOGAのステムバッグx2
  • R250の財布


その他

  • 薬(頭痛薬、胃腸薬、BCAA)
  • 2RUN
  • 輪行袋
  • ベビーワセリン
  • モバイルバッテリー(10000mAh)
  • スマホ
  • 補給食
  • 手拭い
  • マスク
  • プロテクトJ1

  • (ECONOM Force [HL-EL540] )

 


雑感

  • 北陸の寒さがわからなかったため、念のために上半身は初冬対応の装備も持ってった。初日の夜間に使用したが、なくてもギリいけたかもしれない。
  • カステリのサーマルベスト、2年くらい買おうか迷っててようやく買った。が、使い所が難しい。このベストに頼りたい場面は大抵ULベストで事足りる。
  • プロテクトJ1を初めて使ったが、ワセリンとの効果の違いが体感で分からず。(結局またずれした)
  • ドライアイが悪化したためコンタクト+サングラスをやめてJINZのswitchを使ってみたが、風の巻き込みで結局目は乾いた。ただ、走り終わった後の目の負担はコンタクト装着時よりマシなので、しばらくこれで行こうと思う。

 


(おわり)



HALOのこと


ちまき型のHALOを買った。
しまなみ海道とブルベで使用したのでレビュー。

 

HALOとは

汗止めヘッドバンド。
布の内側に貼られたシリコンテープが額の汗をせき止め、目に入らないようにしてくれる。

 

購入した理由

 

ちまき型にした理由

  • 締めつけ力が調整可能。はちまき以外は自分には締めつけが強すぎた。自分は軽度の締め付けでも頭痛になるタイプなので、一番締めつけが少ないはちまき型にした
  • ベルクロ型も締めつけ力を調整できるが、ベルクロ部が肌に触れるとストレスになりそうなので避けた

 

使用感

いい点

  • 汗が目や目尻に全く落ちてこなくなった
  • 大雨ブルベでも同様だった
  • 締め付け感を調整できる

イマイチな点

  • HALOの他のシリーズに比べて選択できる色や柄が少ない
  • 布の部分が水を結構吸うがシリコンパッドがついているため絞りにくい
  • 長時間装着するとシリコンが当たる部分の皮膚が日焼けのようにめくれる
  • 結び目がヘルメットの調整ダイヤルと干渉する

 

感想

 

しまなみ海道を走った時は1月で汗をほとんどかかなかったためイマイチ効果を体感できなかったが、3/26の大雨ブルベや、4/2のヒルクライムの多いブルベでようやく実感。
長時間走りっても汗(や雨)は全く気にならなかった。
ヘルメットを替えてからずっと感じていたストレスがなくなり、めちゃくちゃ快適。

 

f:id:tagokem:20220408084849j:plain

きったね

 

(おわり)

 

BRM402中部200kmのこと-3

 

PC3〜フォトチェック

 

昼食PC。
ただ腹は全然減ってない。
豚汁、おにぎり、 飲み物で軽く済ませた。

走行再開。

先ほど駆け下りてきた見坂峠を再び上る。
途中、何人かの参加者とすれ違った。
これからPC3に向かうようだ。
ダウンヒル中の参加者と事故らないように気をつけた。

f:id:tagokem:20220406214950j:plain


見坂峠、踏破。(2回目)

そのまま坂を下り、分岐点に到着。
直進して南東へ向かう。
またしても上り。
もうええて。

途中、乳岩神社パシャ。

f:id:tagokem:20220406222527j:plain

f:id:tagokem:20220406222623j:plain

乳房型の鍾乳石が神秘的。

この峠も見坂峠と同様に暗くて狭い。
車もチラホラ走っているので、ライトをつけて慎重に走った。

峠を抜けてそのまま走り、飛騨川を越えて国道418号へ。
八百津のファミマを越えるとまた坂。
もう慣れた。
激しめの坂をブツクサ言いながらよじのぼる。

ひとしきり悪態をつき終わったころ、 フォトチェックの公園に到着した。

 

フォトチェック〜ゴール

 

人道の丘公園。
「命のビザ」を発行した杉原千畝さんの功績を後世に伝えるための記念公園らしい。

キューシートの指示通りにパシャ。

f:id:tagokem:20220406223159j:plain


これで後はゴールするのみ。
激坂で疲れたので少し長めに休憩。
コーラうまー。

走行再開。

来た道を戻ると、 PC1後に話しかけてきた女性がいた。
ダンシングで必死に坂を上っている。
と、突然 金属音が。
瞬間、女性がゆっくりと落車した。
速度が出ていなかったので状況的には立ちゴケに近い。

「大丈夫ですか」

慌てて駆け寄る。
状況を確認。
チェーンが外れたようだ。

「大丈夫です」

女性が答えた。

手助けしようと思ったが、何度か尋ねても「大丈夫です」とのことなので、 女性の努力に任せることにした。
ブルベで過干渉はよくない。
ケガはなさそうだし、坂の下にはコンビニもある。
「気をつけてね」とだけ伝えて別れた。


坂を下って八百津のコンビニまで戻る。
交差点を左折して木曽川を渡り、南へ。

ぎふワールドローズガーデンを通過。
もちろんここもアップダウン。

可児が終わって多治見イン。
交通量の多い国道248号を気をつけながら走る。

国道248号を走って土岐川を越える。
その後は県道15号へ。

f:id:tagokem:20220406224942j:plain


瀬戸市イン。
ここまできたらゴールまであと少し。
愛岐トンネル群を対岸に眺めながらさらに南へ走る。
この辺りはほぼ平坦なので快適。

…だったのだが。

城嶺橋の交差点に到着。
そしてラスボス登場。

f:id:tagokem:20220406224925j:plain


定光寺の坂。
ゴールの5km手前で今日イチの激坂とかコース考案者は魔族か。
怒りを感じながら必死に坂を上る。
きっつー。

後ろにひっくり返りそうだったが何とか上りきった。
そのまま坂を下り、上水野の交差点を左折する。
さっきほどではないがここも普通に坂道。
最後の最後までAR中部らしさ全開だ。
何度目かもわからぬ坂を必死こいて駆け上がる。

遠くにデイリーヤマザキの看板が見えた。
もう少し。
ペダルを踏む力が復活する。
そして。


道の駅に到着。
BRM402中部200km、無事ゴール。


時間は11時間半とちょっと。
終わってみれば意外と早くゴールできた。

ゴール受付に移動してカードを提出。
スタッフに最後の激坂の文句を垂れたところ、嬉しそうな顔で「6人目の苦情いただきましたー笑」と言われた。
6人しか文句言ってないとかマジか。

ブルベカードを提出して受付を出る。
これにてBRM402中部200km、終了!


その後は風呂屋に行って、閉店まで寝ましたとさ。


(おわり)

f:id:tagokem:20220406232730j:plain